土の造形とともに、釉薬による色彩・質感はやきものの大きな魅力となっている。
特殊な生掛けを除いて、多くは素焼きしたあとに施釉。
1.円筒の花瓶の施釉


2.引き上げると外側に釉がかかった状態になっている。



3.内側の施釉は、杓で釉を掬いいれて行う。


4.ムラが出来ないように余分の釉を慎重に排出する。


5.筆による施釉